スピッツのはなし


スピッツの最新アルバム「小さな生き物」が出たのは去年の9月。

発売日頃に買って、しょっちゅう聴いてたのに
私にとっては超超するめで、アルバム通していいな、と感じはじめたのが
今年に入ってからなんですよね。


ライブでもやってないのかな、と思ったら既にツアー終わりかけ。
でもツアーのあとすぐに、今回のアルバムとは関係なく
今までの総決算的なアリーナツアーがあって、
これは!と思って武道館公演、行って来ました。


1stから最新のアルバムの曲までいろいろあったけど
聴き始めた頃の曲で何か懐かしい気持ちになって、
その頃(それ以前)からずっと音楽を作り続けていてくれるんだな、って
ぐっと来ました。

夜を駆ける、ではじまり
アンコールはバニーガール!楽しかったな〜


これからもずっと聴き続けようと思いました。


ちなみに「小さな生き物」の感想は、
エンドロールには早すぎる、が最初にツボに来ました。

終わりが来るとわかってるけどまだ別れてない男女の曲。
切ないですね〜
ライブでも演っていたんだけどミラーボールの光がきれいでした。


好きなスワンも今回のライブで聴けてうれしかったです。
[PR]
by amico-m | 2014-07-13 00:22 | 日記 | Comments(0)